2018.1月22日現在の予定です

第1日目6月23日(土)

受付開始 8:30~
<以下の予定が一部時間変更になっていますのでご注意ください>
通常理事会 9:00~10:00
社員総会 10:00~12:30
臨時理事会 12:30~13:30

第1会場

10:00~12:00 講演 小児科の保険診療と保険審査について
    最近の保険審査と日常診療でのポイント(仮)
    高木 誠一郎(社会保険診療報酬支払基金福岡支部医療顧問)
     
    保険審査について(各論) 
    東保 裕の介(とうぼ小児科医院 院長)
     
13:30~14:30 特別講演 スポーツと心身の健康、自立(仮) 
    蝶間林 利男(横浜国立大学 名誉教授)
     
14:30~15:30 特別講演 写真で伝える世界の今(仮)
    安田 菜津紀(フォトジャーナリスト)
     
15:30~17:15 シンポジウム タバコ問題 
    受動喫煙防止対策をめぐる政治情勢について(仮)
    松沢 成文(参議院議員)
     
    東京都受動喫煙防止条例
    岡本 光樹(東京都議会議員、弁護士)
     
    子どもの虐待 新たな定義
    齋藤 麗子(十文字学園女子大学 健康管理センター長、教授)
     
    子どもの受動喫煙を防止するために法規制が必要な理由(仮)
    大和 浩(産業医科大学 産業生態科学研究所 健康開発科学研究室 教授)
     
    地球の慢性感染症「吸いこめ詐欺」
    来馬 明規(とげぬき地蔵尊 高岩寺 住職、医師)
     
17:15~18:15 特別講演 子ども政策をめぐる今日的課題
    自見 はなこ(参議院議員)

第2会場

10:00~11:00 教育講演 少子化社会での病児保育
    大川 洋二(全国病児保育協議会会長・病児保育室うさぎのママ)
     
11:00~12:00 講演 小児と薬 情報収集ネットワーク整備事業(仮)
    小笠原 尚久(国立成育医療研究センター 臨床研究開発センター 
臨床研究推進部 臨床研究ネットワーク推進室)

第3会場

13:30~15:00 シンポジウム 小児科外来での抗菌薬適正使用を考える-会員アンケートによる調査結果から-
    八若 博司(はちわかこどもクリニック院長、日本小児科医会公衆衛生委員会)
     
    小児科外来における抗菌薬の使い方、考え方
    宮入 烈(国立成育医療研究センター 生体防御系内科部感染症科 医長)
     
    日本小児科医会声明
    栁 忠道(やなぎクリニック理事長、日本小児科医会副会長)

第2日目6月24日(日)

受付開始 8:30~

第1会場

9:00~10:00 教育講演 小児慢性機能性便秘症診療ガイドラインに基づく便秘診療のコツ
    十河 剛(済生会横浜市東部病院小児肝臓消化器科 副部長)
     
10:00~11:00 教育講演  学校検尿・3歳検尿と小児腎疾患-異常所見の見方と考え方-
    伊藤 秀一(横浜市立大学大学院医学研究科発生成育小児医療学 主任教授)
   
11:00~12:00 教育講演  小児の咳嗽・診断、治療の新展開
    望月 博之(東海大学医学部専門診療学系小児科学 教授)
     
13:30~14:30 市民公開講座 子供の可能性を伸ばす10の黄金法則
    杉山芙沙子(一般社団法人次世代SMILE協会 代表理事)
     
14:45~15:15 ミニコンサート 小田原少年少女合唱隊
     
15:30~17:00 市民公開講座 ”結構びっくり面白い”途上国小児医療の現場からのお話-18年のカンボジア・ラオスでの経験より-
    赤尾 和美(ラオ・フレンズ小児病院アウトリーチプログラムディレクター/フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN代表)

第2会場

9:00~10:00 教育講演 医療的ケアを必要とするこどもと家族の生活を支える医療
    星野陸夫(神奈川県立こども医療センター患者家族支援部 部長(新生児科医長))
     
10:00~12:00 シンポジウム 小児救急電話相談の情報収集分析と全国統一システム
    司会 渡部誠一(土浦協同病院副院長・小児科部長)
     
    詳細は未定です 
     
13:30~14:30 教育講演  小児のかぜ診療 
    西村 龍夫(にしむら小児科 理事長 院長)
     
14:30~17:00 シンポジウム 子どもの貧困~小児医療の現場でどう気づくか、どう支援するか~
    コーディネーター:和田 浩(健和会病院小児科 副院長)
   
    日本の子どもの貧困と現在の課題
    山野 良一(名寄市立大学保健福祉学部社会保育学科 教授)
     
    海外との比較
    武内 一(ウメオ大学客員研究員/佛教大学社会福祉学部教授)
     
    子どもの貧困に気づく多職種での取り組み
    宮田 章子(さいわいこどもクリニック 院長)
     
    貧困を抱えた親子を支援した経験
    原木 真名(まなこどもクリニック 院長)

第3会場

9:00~12:00 シンポジウム 乳幼児保健の新しい展開
-子育て世代包括支援センターと地域小児科医の役割-
    <乳幼児学校保健委員会企画>
   
    最近の母子保健行政の動き
    北澤潤(厚生労働省子ども家庭局母子保健課長)
     
    子育て世代包括支援センターの目指すところ
    -業務ガイドライン策定の目的-
    佐藤拓代(大阪府立病院機構大阪母子医療センター 母子保健調査室長)
     
    子ども子育てサポートセンターの開設
    酒井陽一(久留米市子ども未来部子ども子育てサポートセンター)
     
    子育て世代包括支援センター事業
    -名張版ネウボラ事業の特徴-
    上田紀子(名張市 福祉子ども部健康・子育て支援室 保健師)
     
    子育て世代包括支援事業における小児科医の役割
    -多職種連携や地域総合小児医療認定医との関連-
    稲持英樹(なばりこどもクリニック)
     
    これからの母子保健を考える
    -地域小児科医の果たす役割-
    自見はなこ(参議院議員)